21世紀医療課題委員会とは

21世紀医療課題委員会は”未病”を中心に置き、少子高齢社会の諸課題を浮き彫りにし、集合知でもって解決に至る討議をするオープンな委員会です。

21世紀医療課題委員会が これまで取り上げた主な委員会テーマ

1)機能性食品制度の改善(トクホ→食品機能表示制度)
2)外国人看護師問題(フィリピン、ベトナム、インドネシア)
3)ジェネリック医薬品普及協議会の都内設置
4)未病ケア保険について(3回)
5)電子お薬手帳、見守り制度
6)安全な医療廃棄物について
7)交付金による訪問看護(夜間対応について)
8)医療機関におけるCo2削減について
9)着る心電図  ICT ウエアラブル(ヒトエ)
10)治す医療から支える医療への戦略とは
11)インセンティブを加味した未病保険の試み

ページ上部へ戻る